くらし情報『鈴木京香 億ションを売却…始めていた事実婚への“身辺整理”』

2021年2月16日 06:00

鈴木京香 億ションを売却…始めていた事実婚への“身辺整理”

2月中旬、引っ越しを見守る京香。

2月中旬、引っ越しを見守る京香。



2月7日に放送された最終回の視聴率が18.4%と有終の美を飾った大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)。その放送から数日後、主人公・明智光秀を演じた長谷川博己(43)と長年にわたって交際を続ける恋人・鈴木京香(52)の引っ越し現場を本誌は目撃した――。

「京香さんが選んだ新居は家賃200万円前後の高級マンション。これまで長谷川さんとは半同棲状態でしたが、新居では本格的に長谷川さんと一緒に生活すると聞いています。交際開始してから10年たちますが、今回の引っ越しで2人は事実婚状態になるそうです」(長谷川の知人)

新しい愛の巣での生活に向けて京香も“身辺整理”をしていた。

「4年ほど前に京香さんは、都心にある広さ150平方メートルほどのマンションを購入しています。値段は4億円前後で、住んではいなかったものの、長谷川さんと結婚後に住む部屋として考えていたともいいます。

しかし、昨年1月にそのマンションを売却しているんです。今回の引っ越しについては長谷川さんとかなり前から相談していて、話し合いの結果、売却して今回のマンションに住むことに決めたそうです」(京香の知人)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.