くらし情報『100ワニ映画化託された上田監督の手腕 初アニメは吉と出るか』

2021年2月19日 16:47

100ワニ映画化託された上田監督の手腕 初アニメは吉と出るか

(写真:時事通信)

(写真:時事通信)



きくちゆうき氏の4コマ漫画「100日後に死ぬワニ(100ワニ)」が、アニメ映画「100日間生きたワニ」として公開されることとなった。各スポーツ紙などが報じた。

きくち氏がTwitterで2020年3月20日まで100日間にわたって投稿した、ワニの日常をつづった4コマ漫画。

主人公・ワニの声を俳優の神木隆之介(27)、ワニの親友・ネズミ役を中村倫也(34)が担当。ワニが恋するセンパイ役を新木優子(27)がつとめ、モグラ役には声優の木村昴(30)が起用。主題歌は人気バンド・いきものがかりが手掛けるという。

最終話の「いいね」数がツイッターの歴代最多となる214万を記録するなど、大きな話題となった同作。読者にとっても待望の映画化と思われたのだが……。

「映画化が発表されるや、ネット上では『映画化してどうするの?ってのが正直な感想』などの批判が出ています。もともと最終回後に次々とメディアミックス展開が次々と発表され、読者たちが一気に離れてしまっていました。これから映画を進める上でも、難しい舵取りが求められることになるでしょう」(出版関係者)

各紙によると映画版は100日間のワニの日常と、そこから100日後の仲間たちの姿を描くという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.