くらし情報『蛭子能収のゆるゆる人生相談「足の踏み場もない夫の部屋…どうすれば」』

2021年3月1日 15:50

蛭子能収のゆるゆる人生相談「足の踏み場もない夫の部屋…どうすれば」

蛭子能収のゆるゆる人生相談「足の踏み場もない夫の部屋…どうすれば」


大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収さん(73)が、読者からの相談に答える!

昨年7月、蛭子さんは、『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)で、アルツハイマー病とレビー小体病を併発している初期の認知症であることを公表した。

【Q】「52歳の夫の部屋は雑誌や本などで足の踏み場もない状態。『掃除して』というとキレる始末。こんなだらしなくて自分では何もしない夫と、どう接したらいいですか?」(月コロッケさん・45・契約社員・埼玉県)

【A】「オレの書いた映画の台本で『鬼滅の刃』超えを狙いたい」(蛭子能収)

オレもこの夫と同じで、よく女房に怒られていました。でも「掃除して」と強く迫られても、自分にとっては居心地が悪いわけでもないのでいまいちピンときません。ただ女房に「ゴキブリが出る」とか「臭いがする」とか具体的に言われたときだけは片付けた気がしますよ。

あとは「捨てられても困るものはないよね」と言って掃除して、後でお金を払ってもらえばいいですよ。

(マネージャー〈以下、マ〉「事務所を掃除していたら、蛭子さんが昔書いた映画の台本『その扉をあけるな』が出てきました」)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.