くらし情報『住み慣れた家を手放したくない人のための「財産相続」ガイド』

2021年3月10日 11:00

住み慣れた家を手放したくない人のための「財産相続」ガイド

住み慣れた家を手放したくない人のための「財産相続」ガイド


男性と比べて平均寿命が約6年も長い女性にとって、夫の死後の人生をどう生きていくのか、というのは避けては通れない問題です。いずれ来る「その時」を乗り越えるためにきっちり備えておきましょうーー。

■住み慣れた家から離れるのは絶対にイヤ!!

夫の死後、今当たり前に住んでいる家に住めなくなるなんて想像もしていない人がほとんどでは?ところが、自宅が夫の名義となっていれば、一戸建て、マンションにかかわらず、夫の死後はその住居も相続の対象となる。つまり、必ずしも自分のものになるとは限らないのだ。相続に詳しい弁護士の竹内亮さんはこう話す。

「よくあるのが、夫とは再婚で、先妻との間に長男がおり、夫が遺言で長男に土地建物を相続させたケース。先妻の子どもとは折り合いが悪く、結果、長男一家が引っ越してきて、妻が追い出されてしまったという話も聞きます。遺言がない場合は、妻2分の1、長男2分の1で土地建物の持ち分を分割することになりますが、もめることが多いですね。子どもがいない夫婦の場合は、妻のほかに義理のきょうだいが相続人になるので、先のケースと同様に相続権の分割でもめ、出ていかざるをえなくなることがあります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.