くらし情報『東京・瑞華院に1000本の桜咲く。花人・赤井勝さんがコロナ終息に込めた願い』

2021年3月9日 18:30

東京・瑞華院に1000本の桜咲く。花人・赤井勝さんがコロナ終息に込めた願い

東京・瑞華院に1000本の桜咲く。花人・赤井勝さんがコロナ終息に込めた願い


「感染対策をきちんと施した場所で、少し早めのお花見を、ゆったりと楽しんでもらえればと思っています。コロナ禍の影響で、去年はきっとお花見ができていないですよね。それに、もしかしたら今年も。そんなみなさんに、わずかばかりでも息抜きできる時間、ほんの少しの憩いの時間を持っていただけたら、僕もうれしく思います」

こう話すのは、3月8日から始まった浄土宗・瑞華院(東京都港区南麻布5-1-3)のイベント「千本桜通り抜け」で、文字どおり1千本の桜を館内に飾った“花人”赤井勝さん。花を飾ることを「装花」と呼ぶ赤井さんはこれまで、北海道・洞爺湖サミットの政府主催イベントで装花を担当するほか、伊勢神宮の式年遷宮でも献花を奉納。前ローマ教皇・ベネディクト16世に謁見しブーケを献上するなどの経歴をもつ。

そんな赤井さんが今回の催しをしたきっかけは――。

「日ごろ、僕がお世話になっている方が、こちらのお寺の檀家をしていて。本堂建て替え工事が終わるタイミングで何か花の催しができませんか、と相談されたのがきっかけです。でも、このご時世、花を愛でてもらうためとはいえ大勢の人を集めるのも気が引けますよね。それで、どうしたものかと考えて……」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.