くらし情報『藤井二冠も師匠には素の18歳に 筆者語る「棋士師弟は唯一無二」』

2021年3月18日 06:00

藤井二冠も師匠には素の18歳に 筆者語る「棋士師弟は唯一無二」

斎藤慎太郎八段は4月から渡辺明名人に挑戦。師匠は畠山鎮八段

斎藤慎太郎八段は4月から渡辺明名人に挑戦。師匠は畠山鎮八段



「どの師弟関係も個性的で、似たような関係が二つとない印象です。もともと棋士は個性が強く、その個性同士の組み合わせですから、唯一無二の関係になるのは当然かもしれません」

そう語るのは、3月16日に著書『絆棋士たち師弟の物語』(日本将棋連盟発行・マイナビ出版販売)を発売する野澤亘伸氏。18年の著書「師弟棋士たち魂の伝承」(光文社)でペンクラブ大賞文芸部門の大賞を受賞した筆者が、満を持して世に放つ将棋棋士の師弟物語の続編である。今回は8組の師弟に取材している。もはや国民的棋士となった藤井聡太二冠と師匠・杉本昌隆八段の特別対談も収録している。

「杉本八段と藤井二冠の対談において、藤井二冠は質問に対して一つ一つ真剣に考えて答えてくれます。将棋でいうところの『長考』のような感じがしばしば見られます。やはり早くからメディアに注目され、自身の発言に責任を持っているのでしょう。今回は杉本師匠との対談ということもあり、リラックスして素に近い気持ちになれたのではと思います。二人に対して質問をすると、師匠が先に答えてくださり、藤井二冠にトスを渡すような場面が何度かありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.