くらし情報『「ダウン症の兄に守られていた」元ヤングケアラー語る過去』

2021年3月29日 11:00

「ダウン症の兄に守られていた」元ヤングケアラー語る過去

ダウン症の兄ター君(中央)と夫、マー君は持田さんの最強の味方「でも私は兄にとって口うるさい母親的存在のようです(笑)」

ダウン症の兄ター君(中央)と夫、マー君は持田さんの最強の味方「でも私は兄にとって口うるさい母親的存在のようです(笑)」



ヤングケアラー、それは無償で家族の世話や介護をする18歳未満の子供たちのことをいう。

「父は通信社のカメラマンで国内外での仕事も忙しく、家庭での子供の世話は、ほとんど母が一人で担っていました」

こう語るのは持田恭子さん(54)。持田さんもまた、親とダウン症の兄の世話を体験した“元ヤングケアラー”だ。

「小学生のころから父がアルコール依存症になり、母や私に暴力をふるうようになっていました。父自身、兄のター君をかわいがりながら、一方でター君の通院のせいで出世につながる転勤をできないなど、ストレスを抱えていたのだと思います」

父親の変貌ぶりに、今度は母親までうつ病を患い、毎日「死にたい」と口にするように。

「当時、父や母自身が、社会から取り残された、いわば被害者でした。でも10代の私には、そこまで理解できなかった」

25歳の時、転機が訪れる。イギリスの金融情報サービス企業への就職だった。しかし母は、渡英しようとする持田さんに詰め寄り、言った。

「もし私たちを捨ててイギリスに行くなら親子の縁を切る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.