くらし情報『高倉健さんが編集部に電話…語っていた田中邦衛さんと共演の夢』

2021年4月8日 06:00

高倉健さんが編集部に電話…語っていた田中邦衛さんと共演の夢

高倉健さんが編集部に電話…語っていた田中邦衛さんと共演の夢


「彼の芝居は本人はとても悲劇的なのに端から見ているとなんともおかしくなる。これが彼の神髄だと思う。情けなさの中に詩がある」

そう追悼したのは、名作『北の国から』(フジテレビ系)を手がけた脚本家の倉本聰さん(86)。田中邦衛さん(享年88)が3月24日、老衰で亡くなった。葬儀は家族葬でとり行われたという。

「’02年に『北の国から』が終了してから、体力的な衰えもあり、仕事をセーブするようになりました。’12年8月、同作で共演した地井武男さんのお別れ会に参列して以降、公の場に姿を見せることもなくなりました」(映像関係者)

’09年、妻・康子さんは彼の体調について本誌にこう語っていた。

「ずっと今まで仕事に頑張ってきたから今、少し休ませてあげているんです。人生最後のご褒美のようなものです。私たち、あと何年生きられるかわかりませんからね」

前出の映像関係者は言う。

「映画『最後の忠臣蔵』(’10年)が遺作となりました。晩年は老人ホームから自宅に戻り、車いす生活を送っていたようです。最後は家族に看取られながら息をひきとったと聞いています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.