くらし情報『クラスター発生の大学野球部 指導者の“コロナ軽視”に批判』

2021年4月9日 19:31

クラスター発生の大学野球部 指導者の“コロナ軽視”に批判

クラスター発生の大学野球部 指導者の“コロナ軽視”に批判


8日、東日本国際大学(福島県いわき市)の野球部で発生した新型コロナウイルスのクラスターについて、市は新たに30人の感染が確認されたと発表。このクラスターの感染者は合わせて42人となった。

野球部では、3月末に泊まりがけで県外遠征をしたあとに大規模なクラスターが発生した。部員は、NHKの取材に対し、3月上旬から10人ほどの部員が相次いで発熱や味覚障害などの体調不良を訴えていたにもかかわらず、遠征が行われたと証言している。

大学側は「できる限りの対策をした」としているが、野球部員は「症状を訴えた部員はスタッフの指示に従って大学が契約している市内の病院を受診したが、いずれもPCR検査は必要ないとされ、検査を受けられなかった」「全員が食堂に集まって決められた時間に食事をとるのは危ないと考え、一部の部員が密になるのを防ぐため時間をずらして食事をとろうとしたところコーチに叱責され、理由を説明しても改善されなかった」と語っており、両者の言い分には食い違いが生じている。

なお、クラスターの発生を受け、東日本国際大学は今月十日に開幕する南東北大学野球連盟春季リーグ戦の第1週(4/10、11)及び第2週(4/17、18)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.