くらし情報『議員辞職の菅原一秀氏にボーナス300万…「税金泥棒」と批判殺到』

2021年6月2日 20:07

議員辞職の菅原一秀氏にボーナス300万…「税金泥棒」と批判殺到

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)



6月1日、衆議院に議員辞職願を提出した菅原一秀前経済産業相(59)。同日に自民党へも離党届を提出しており、3日の衆院本会議で辞職が承認されるとのこと。

そんな菅原氏は「忸怩たる思いでいっぱい」や「不徳の致すところで慚愧に堪えない」など、党幹部に反省の思いを伝えたとも報じられている。

だがそのいっぽうで「ボーナスは満額支給される」といい、波紋が広がっているのだ。

『スポニチアネックス』によると3日に辞職した場合、6月分の歳費は日割りで10万3,520円。日割り規定のない文書通信交通滞在費は100万円。夏季ボーナスに当たる期末手当は基準日となる6月1日時点で在職しているため、満額の314万2,802円が支給されるという。つまり合計で、424万6,322円が菅原氏に支給されることになるのだ。

「19年10月の大臣辞任以降、菅原氏は1カ月以上も国会を欠席しましたがその時も、323万円強ものボーナスが満額で支払われていました」(全国紙記者)

19年9月に『週刊文春』で、有権者に香典や現金を配った疑いがあると報じられた菅原氏。昨年6月に不起訴処分とされたが、検察審査会が「起訴相当」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.