くらし情報『ホラーもBLも描く『パタリロ!』の異彩、当時女子が夢中に』

2021年6月7日 06:00

ホラーもBLも描く『パタリロ!』の異彩、当時女子が夢中に

78年に『花とゆめ』(白泉社)にて掲載が開始された『パタリロ!』

78年に『花とゆめ』(白泉社)にて掲載が開始された『パタリロ!』



住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう!わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、みんなで回し読みした漫画の話。活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

「’80年代に小・中・高校生だった世代は、『なかよし』(講談社)や『りぼん』『マーガレット』(ともに集英社)、そして『花とゆめ』(白泉社)といった漫画雑誌を読み比べ、同級生と“私は○○派”などと語り合った経験があるでしょう。『花とゆめ』は少し大人な漫画が掲載されているのが特徴でした」

そう話すのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(53)。’80年代、ギャグからファンタジーまで幅広いジャンルの作品が掲載されていた同誌をけん引し、かつ異彩を放っていた漫画が『パタリロ!』(’78年〜)だ。

近年では、かつての『翔んで埼玉』が時を経て大ヒットした魔夜峰央さんが、デビュー後、なかなかヒット作に恵まれないころに“シリアスだけど、ギャグ要素のある作品を描いてみよう”と筆を執り、生まれた作品といわれている。

マリネラ王国の国王・パタリロが、美少年好きのイギリスの諜報部員・バンコランを振り回しながら、さまざまな騒動を解決していくというのが定番の展開だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.