くらし情報『鼻出しマスクを注意されツバ吐き暴行 男に禁固10年』

2021年6月15日 18:02

鼻出しマスクを注意されツバ吐き暴行 男に禁固10年

鼻出しマスクを注意されツバ吐き暴行 男に禁固10年


マスクのつけ方に端を発する暴行事件を起こした男の裁判が先週結審し、禁固10年の有罪判決が下された。

The Washington Postによると、米アイオワ州に住むシェーン・マイケル(42)は昨年11月、眼鏡店で別の客に正しくマスクを着けるよう注意された。マスクから鼻を出していたマイケルは腹を立て、駐車場まで相手を尾行。被害者の目を殴り、股間に膝蹴りをしたばかりでなく、マスクを剥ぎ取って顔に咳とツバを吐きかけながら「俺がウイルスを持ってるんなら、お前だって同じだよ!」と叫んでいたという。

マイケルは逮捕され、暴行の罪で起訴された。2月にはクラスDの重罪を認めるかわりに2年間の保護観察となる司法取引を持ちかけられた。だが、相手から先に手を出されたと主張するマイケルはこれを拒否したと、アイオワ州のローカルニュースサイトCapital Dispatchが伝えている。また、マイケルは自身の運命を陪審員の判断に任せることにしたと報じた。

裁判では、検察は罪状をクラスCの「重傷を負わせた故意の傷害」に格上げ。結局マイケルは有罪となり、アイオワ州の定めるクラスCの最高刑である禁固10年が言い渡された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.