くらし情報『世界遺産「空撮SHOT」15選!マイスターが明かすトリビア』

2021年6月28日 11:00

世界遺産「空撮SHOT」15選!マイスターが明かすトリビア

雨季には水の落下地点から立ち上る水煙が800メートルの高さにまで上がり、20キロメートル先からでも見えるそうです」

■マダガスカル「ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区」

“ツィンギ”とは、マダガスカル語で「先のとがった」という意味。広大な石灰岩台地が雨や地下水などで浸食され、長い時間をかけて鋭くとがった岩山へ変貌した。

「人間が住めない場所ゆえに、キツネザルやアイアイ、ネムールといったサルたちの楽園になっています。マダガスカルでしか見られない動物が見られる貴重な場所でもあります」

【アフターコロナ編】

■イタリア「ヴェネチアとその潟」

昨年3月、イタリア全土でロックダウンが行われ、移動制限に加えホテルや飲食店などが閉鎖。ヴェネチアでも年間3,000万人いた観光客が皆無に。しかし同時に、観光客が出すゴミや水上の交通汚染もなくなり、運河の水質が劇的に改善。市ではこの経験をもとにサステナブルな観光への見直しを始めた。

■ヨルダン「ペトラ遺跡」

断崖絶壁に囲まれた狭い道を通り抜けてたどり着く砂岩遺跡群。海外からの観光客が途絶えたことを機に、料金を巡る観光客とのトラブルや事故が多発していた観光馬車を定額の電動車へ変更する改革に乗り出した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.