くらし情報『「五郎の肉は動物に…」倉本聰語っていた『北の国から』の衝撃結末』

2021年7月12日 16:00

「五郎の肉は動物に…」倉本聰語っていた『北の国から』の衝撃結末

「五郎の肉は動物に…」倉本聰語っていた『北の国から』の衝撃結末


「邦さんは亡くなったけど、五郎はきっとまだここに住んでいる。ひょっこり顔を出す気がする」

田中邦衛さん(享年88)が亡くなってから2週間ほどがたった4月上旬、北海道富良野市につくられた献花台の前で、脚本家・倉本聰氏(86)はそんなふうに話していたという。

“五郎”とは、もちろん『北の国から』シリーズで邦衛さんが演じた黒板五郎のことである。

「『北の国から2002遺言』でシリーズは完結したことになっています。ただ倉本先生には、その後の続編の構想があったようです。邦衛さんの訃報の直後には“続編は頭の中だけにしておこうと思う”なんておっしゃっていたんですが……。だから今回のインタビューを読んで興奮しましたね!」

そう『北の国から』ファンが話す“インタビュー”とは次のもの。

《実は今年は『北の国から』が放送開始40周年に当たります。10月に向けて最後のドラマを書いているんです》(「財界オンライン」6月12日配信)

倉本氏自ら“続編執筆中”だと明かしたのだ。

40年前の10月に『北の国から』の初回が放送されたことにちなみ、今年、その前後の時期に富良野で記念行事が予定されている。続編は、テレビではなく、そのイベントでの公開を想定しているようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.