くらし情報『食品ロス防ぐには買い出し直後の「下味&冷凍」処理が肝心』

2021年8月5日 06:00

食品ロス防ぐには買い出し直後の「下味&冷凍」処理が肝心

食品ロス防ぐには買い出し直後の「下味&冷凍」処理が肝心


「小松菜が安い!」と喜んで買ってきたら、冷蔵庫にしなびた小松菜があった。「さあ、調理」と思ったら醤油がない!大慌てで醤油だけを買いに行ったはずなのに、ついつい余計なものを買ってしまい、お会計はなぜか2,000円超……。

こうした「買い物の失敗」を経験したことがない、という人はいないだろう。食材の買い出しは日常的な家事だが、実は失敗がつきもの。何度反省しても失敗を繰り返してしまう根深い問題でもある。

しかもコロナ禍で「スーパーの滞在は短時間に」や「まとめ買いで買い物の回数を減らせ」など、行政からの指導まで入る昨今。不慣れなまとめ買いで、ヘトヘトになっている人も多いのでは。

「以前は1日おきの買い物で、食費が外食も含め月7万円台。これではいけないとまとめ買いに変えたら月2万円台に減りました。買い物ルールの見直しで、月5万円も節約できたのです」

そう語るのは暮らしの中の節約術などを発信するインスタグラマーのゆきこさん。まとめ買いはお金だけでなく、時間も節約できて失敗がないという。

たしかにまとめ買いは、「ついで買い」や「食品ロス」を防ぐのに有効だが、たくさん買い込んだ食材を冷蔵庫にしまうのはひと苦労なのでは?

「買ってきたものは冷蔵庫に入れる前に、すぐに作り置きの調理や、下味冷凍をやってしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.