くらし情報『野々村真 退院報告後も非難する人々の非情…まだ“ワクチンデマ”信じる人も』

2021年8月27日 15:50

野々村真 退院報告後も非難する人々の非情…まだ“ワクチンデマ”信じる人も

野々村真 退院報告後も非難する人々の非情…まだ“ワクチンデマ”信じる人も


タレントの野々村真(57)が、8月25日に自身の公式YouTubeチャンネルで退院を報告。野々村は7月31日に新型コロナウイルスへの感染が発表され、症状が悪化し8月5日に入院。酸素吸入器を着用するなど、一時は危機的な状況だったという。

野々村は動画で、「入院中は精神的にも肉体的にも苦しい日々が続きましたが、24時間、医療従事者の皆さんが献身的に治療や看護をしてくださり、そのおかげで、命を救って頂くことができました」と、医療従事者への感謝を述べた。

そして、「これから益々頑張っていきますので、今後とも応援宜しくお願い致します。本当にありがとうございました」と結んだ。

かすれた声を絞り出すようにして、ファンへの感謝を述べる野々村には、ネット上で心配するコメントや、病を乗り越えたことを喜ぶ声が相次いだ。

《声というか肺活量がまだ本調子ではない感が伝わり、闘病生活が辛かったのが伝わります。ご無理をなされず療養をして、元気な野々村さんをお待ちしております》
《常に苦しそう無理せずに》
《こんなに痩せてしまってなんだか胸が痛い》
《本当に生きてくれてよかったと心から思って涙が溢れた》
《どうか体調が万全になるまではご無理なさらないように》

新型コロナから生還した野々村だが、入院中には“根拠のない噂”に苦しめられていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.