くらし情報『納豆のお皿スポンジで洗うのはNG!? 洗い物のプロが最新知見を伝授』

2021年9月1日 11:00

納豆のお皿スポンジで洗うのはNG!? 洗い物のプロが最新知見を伝授

納豆のお皿スポンジで洗うのはNG!? 洗い物のプロが最新知見を伝授


世の中にはたくさんの料理本があるけれど、面倒なのはむしろ食後の皿洗い。そこで、洗い物のプロに最新知見を聞きました。

教えてくれたのは、ツイッターに投稿した“カレーなどを作った鍋の洗い物でスポンジが死なずに済む洗い方”に約21万件の“いいね”が集まっている、シェフで料理研究家の麦ライスさん。台所用洗剤の人気商品「チャーミーマジカ」を展開するライオンのリビングケアマイスター・杉本美穂さん、台所用スポンジなどのブランド「スコッチ・ブライト」を展開するスリーエムジャパン・技術担当の原井敬さん、さらに洗い方に困りがちな納豆に関して、老舗メーカーのタカノフーズ・納豆営業推進・市村真二さん。

【新常識1】夏場はお湯で洗わなくてもよい

「肉の脂は30〜50度くらいで融解するため、5度と30度で比べれば、30度のほうがよく落ちます。しかし、普通の汚れであれば、暑い夏にわざわざお湯を使って洗う必要はなく、水と洗剤で十分。グラスに水滴の跡を残したくない場合は、乾燥が早いお湯ですすぐのがおすすめです」(ライオン・杉本さん)

【新常識2】油汚れは水で流してはいけない

「先に水で流してから洗ったほうがよさそうですが、水で流すとシンクや排水口、排水管に油が付着してベタベタになってしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.