くらし情報『平野レミ 和田誠さんの喪失癒やした義娘・上野樹里の一言』

2021年10月15日 11:00

平野レミ 和田誠さんの喪失癒やした義娘・上野樹里の一言

平野レミ 和田誠さんの喪失癒やした義娘・上野樹里の一言


一昨年、最愛の夫を亡くし、失意に沈んでいた平野レミさん。今も寂しくて仕方ないけれど、少しずつ前向きになれてきたといいます。2年間の気持ちの変化を聞きましたーー。

「家がこんなにお花だらけになったのは初めてよ!でも、三回忌の法要とかはやらないの。和田さんには似合わないからね」

こう語るのは、料理愛好家の平野レミさん(74)。『週刊文春』の表紙を手掛けるなど、著名なイラストレーターだった、最愛の夫・和田誠さん(享年83)は’19年10月7日に天国へ旅立った。

取材当日は、三回忌の前日で、レミさんの自宅には、黒柳徹子さん(88)をはじめとする多くの著名人から、和田さんを偲ぶ花がたくさん届いたという。

おしどり夫婦としても知られ、和田さんを失ったレミさんの悲しみは果てしないものだった。

「今も気持ちの整理はついてない。だから私思うの。あんまり好きな人と結婚したらダメよ。亡くしたときのショックが大きすぎるから」

出会いのきっかけは、当時レミさんと久米宏さん(77)が共演していたラジオ番組内のコーナー「ミュージック・キャラバン」(TBSラジオ)を和田さんが聞いていたこと。ラジオ越しでも伝わるレミさんのチャーミングさに、和田さんはほれ込んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.