くらし情報『反町隆史 スタッフと肩組んで現場入り!『相棒』卒業発表当日の男前すぎる労い姿』

2021年11月30日 06:00

反町隆史 スタッフと肩組んで現場入り!『相棒』卒業発表当日の男前すぎる労い姿

反町隆史 スタッフと肩組んで現場入り!『相棒』卒業発表当日の男前すぎる労い姿


11月24日午前9時、神奈川県の埋立地にある会館に、1台のミニバンが止まった。

スライドドアが開き、颯爽と降りてきたのは、トレーナーにスニーカーとラフな格好の反町隆史(47)。旧知の男性スタッフに出迎えられると、笑顔で肩を組み施設の中に入っていた。

この日は反町が“相棒”を務める水谷豊(69)主演のドラマ『相棒 season20』(テレビ朝日系)のロケだった。

実は本誌が目撃する4時間前に反町の『相棒』からの卒業が、テレビ朝日から発表されていたのだ。

「卒業が明らかになるとたちまちSNSで、“反町隆史”というワードがトレンド入り。多くの『相棒』ファンから、ねぎらいの声があがっていました」(テレビ朝日関係者)

’15年から水谷の4代目“相棒”として抜擢され、好評を得てきた反町。同日の放送回で計125話に出演し、歴代最長の“相棒”となった。

テレビ朝日からの卒業発表で反町が寄せたコメントに、“相棒”を務め続けることができた理由が、述べられている。

《ただ、(水谷さんに)追いつけなかったからこそ、7年という長い間、やってこられたのかなと思います。一言では言い表せない思いがありますが、今はとにかく感謝の気持ちでいっぱいです》

■七年目の決別の裏側

降板には、どのような経緯があったのだろうか――。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.