くらし情報『昭和レトロブームで人気再来!“OSAMU GOODS(R)”が今も20~30代の心を掴むワケ』

2021年12月6日 15:50

昭和レトロブームで人気再来!“OSAMU GOODS(R)”が今も20~30代の心を掴むワケ

OSAMU GOODS(R)のジルとジャック

OSAMU GOODS(R)のジルとジャック



’80年代に女子中高生をとりこにしたOSAMU GOODS(R)が、今年で誕生から45周年を迎えた。’80~’90年代に青春時代を過ごした人たちにとって、懐かしくもあり憧れのブランド。それが近年の“昭和レトロブーム”で、既存のファン以外に、若い層からも支持を得て再注目されている。

“再ブーム”の背景を、OSAMU GOODS(R)のライセンス業務を行うコージー本舗の神津隆行さんに説明してもらった。

「’16年に40周年の展覧会が東京・弥生美術館で開催されました。若い層の来場者が多く、そこでOSAMU GOODS(R)が注目されるようになったのです。人気が決定的になったのは、翌年の『コム デ ギャルソン』さんとのコラボ企画。洋服とのコラボがとても話題になりました」

神津さんによると、現在もっとも多く商品を購入する層は「20~30代の方」とのこと。その人気の理由は“普遍的なかわいらしさ”と“原田治さんのこだわり”にあるという。

OSAMU GOODS(R)の生みの親・原田治さん(1946~2016年)は、東京・築地出身で多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業後、1970年『anan』創刊号でイラストレーターとしてデビュー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.