くらし情報『蛭子さんが一念発起「最後の絵画展、面倒くさいけど頑張ります」』

2021年12月5日 06:00

蛭子さんが一念発起「最後の絵画展、面倒くさいけど頑張ります」

蛭子さんが一念発起「最後の絵画展、面倒くさいけど頑張ります」


「金と自由は欲しいけど、何もしたくないーー」を貫いてきたタレントで漫画家の蛭子能収さん(74)。2020年夏に認知症を公表した後も、その“人生哲学”はまったく変わらない。絵を描くよりもテレビの仕事のほうが楽だしギャラもいいと言い続ける蛭子さんに突如湧いた「絵画展プロジェクト」。果たしてプロジェクトは成功するのだろうか……。(第10回/全10回)

「なんか、すごい楽しかった」

“最後の絵画展プロジェクト”のための作品を書き上げて、蛭子さんは晴れ晴れしい表情を見せた。

「こんなに夢中になったのは、競艇を予想していたとき以来ですね……、あ~、最近、競艇場にいっていませんね」

口も滑らかだ。

そこで改めて「蛭子能収の人生相談」連載の担当編集・吉田が、最後の絵画展プロジェクトについて説明をはじめた。

「蛭子さんが絵を描いている姿を見て、本当に、すごく感動しました。ぜひ絵画展をやってみませんか?この調子で作品を描いていけば、きっと素晴らしい絵画展ができますよ。実は今日は、そのプロジェクトの一環と考えて根本敬さんに来てもらったし、蛭子さんに絵を描いてもらったんですよ」

蛭子さんから予想通りの返事が戻って来た。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.