くらし情報『中村吉右衛門さん秘蔵写真で追悼「縁の下のモヤシ」だったころ』

2021年12月13日 11:00

中村吉右衛門さん秘蔵写真で追悼「縁の下のモヤシ」だったころ

(C)松竹

(C)松竹



11月28日、日本を代表する歌舞伎俳優で人間国宝の中村吉右衛門さん(享年77)が心不全で亡くなった。

「幼いころ、波野の家に養子となり、祖父の芸を一生かけて成し遂げました」

実の兄・松本白鸚(79)がそう追悼コメントで語ったように、中村吉右衛門さんは八代目松本幸四郎(初代松本白鸚)の次男として生まれ、すぐに母方の祖父、初代中村吉右衛門の養子となった。

小学生のころから日舞、長唄、三味線、義太夫、狂言とひととおりの芸を始め、’66年10月、22歳で二代目吉右衛門を襲名。

当時の本誌は《自称“縁の下のモヤシ”。兄、染五郎にくらべてハデさはないが、じっくりと芸を深める人柄で、歌舞伎味(肌にカブキの味がしみこんでいるさま)は兄以上だ》と伝えている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.