くらし情報『インタビューマン山下のM-1展望「敗者復活はニューヨークと見取り図有利!?」』

2021年12月18日 11:00

インタビューマン山下のM-1展望「敗者復活はニューヨークと見取り図有利!?」

現在はインタビュアーやライターとして活動するインタビューマン山下

現在はインタビュアーやライターとして活動するインタビューマン山下



今年は史上最多6,017組の漫才師が出場した『M-1グランプリ2021』(ABC・テレビ朝日系)。12月19日の生放送で、決勝進出者9組と敗者復活戦から勝ち上がった1組、計10組により漫才の日本一をかけた熱い戦いが繰り広げられる。

決勝進出コンビは、真空ジェシカ、ゆにばーす、ロングコートダディ、もも、オズワルド、ランジャタイ、インディアンス、錦鯉、モグライダー(以上、準決勝での出場順)と敗者復活戦で勝ち上がった1組。

今大会にエントリーするために芸人に復帰し、3回戦進出を果たしたインタビューマン山下が『M-1グランプリ2021』決勝の展望をつづった。後編はランジャタイ以降の4組と、敗者復活組。

■ランジャタイ(伊藤幸司/国崎和也)

去年初めて準決勝に進出するも、残念ながら敗退し敗者復活戦に回った。結果は最下位だったのだが、敗者復活戦の放送で国崎さんの奇想天外なボケがインパクトを残しネタ番組に呼ばれるようになったのだ。

それをきっかけに今年テレビの出演数が増え、知名度がアップしたことで今回初の決勝進出につながったことは間違いない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.