くらし情報『神田沙也加さん 当初は芸能界入りに反対も…厳しく見守り続けた祖母との絆』

2021年12月21日 18:52

神田沙也加さん 当初は芸能界入りに反対も…厳しく見守り続けた祖母との絆

神田沙也加さん 当初は芸能界入りに反対も…厳しく見守り続けた祖母との絆


12月18日に札幌市内のホテルで亡くなった神田沙也加さん(享年35)。ミュージカル『マイ・フェア・レディ』札幌公演のために市内のホテルに滞在していた沙也加さん。同日の昼公演に出演予定だったが、昼頃にホテルの14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見され、搬送先で死亡が確認された。

各メディアによると21日、母・松田聖子(59)が位牌を手に霊きゅう車に乗り、同市内の斎場に入り、父・神田正輝(71)も別の車両で会場入り。その後、2人は斎場で揃って囲み取材に応じ、神田は「2人ともあまり話せる状態ではないのでそっとしておいていただけたら」、聖子も「本当に皆さんお寒いなか、申し訳ございませんでした」と声を震わせていたという。

愛娘の突然の死に憔悴した様子を見せた聖子と神田。まだコメントは発表していないが、祖母である聖子の母も彼女を見守り続けた人だった。

「聖子さんと正輝さんが離婚したのは1997年。沙也加さんが10歳の頃。その後、多忙な聖子さんが不在の時に、沙也加さんを育てたのが聖子さんのお母様でした。沙也加さんは、母の日に聖子さんだけでなく、聖子さんのお母様にもプレゼントを贈り、大人になってからも焼き肉や買い物に一緒に行くほど慕っていたようです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.