くらし情報『「アナ雪は私の金字塔」神田沙也加さんが歩んできた“たゆまぬ努力の日々”』

2021年12月24日 19:31

「アナ雪は私の金字塔」神田沙也加さんが歩んできた“たゆまぬ努力の日々”

「アナ雪は私の金字塔」神田沙也加さんが歩んできた“たゆまぬ努力の日々”


12月18日に亡くなった神田沙也加さん(享年35)。

沙也加さんは‘01年5月、14歳でSAYAKAとしてデビュー。’05年5月から一旦活動を休止したものの、’06年9月に19歳で本名の神田沙也加として再出発。今年はSAYAKA時代から数えてデビュー20周年目のアニバーサリーイヤーだった。

’14年3月に公開されたディズニー映画『アナと雪の女王』で主人公・アナ役の声優として参加し、国民的な人気を博すこととなった沙也加さん。同作は彼女の実力に裏打ちされた、ひとつの“集大成”といえるかもしれない。

「もともとディズニー映画を観て育った沙也加さんは、大のアニメ好き。またSAYAKAとしてデビューする前から、実は声優になりたかったそうです」(スポーツ紙記者)

本名で再デビューを果たした後、’11年からは女優業と並行して声優学校へ通うことに。講師を務めた声優の速水奨(63)は’14年9月、『FLASH』で《アドバイスを絶対に聞き漏らさないようにしていた》《自分の思うようにセリフがいえないと悔しがる》と沙也加さんの勤勉ぶりを語っていた。

「’12年7月にテレビアニメ『貧乏神が!』(テレビ東京系)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.