くらし情報『冬のひそかなお悩み!ブーツの中の臭いは「重曹の足湯」で解決です』

2021年12月25日 11:00

冬のひそかなお悩み!ブーツの中の臭いは「重曹の足湯」で解決です

ブーツからも足からもプーンと臭いが出てしまうこの季節

ブーツからも足からもプーンと臭いが出てしまうこの季節



あまり人には言えないけど、冬に実はみんなが困っているのが、ブーツの中の足の臭いです。今回は「足道楽」のマネージャーさんに「足の臭い」に関してのお悩み解決法を教えていただきました。

■そもそもなんでブーツをはいた足は臭くなるの?

足の臭いのもとは指の間などに繁殖する雑菌なのです。ブーツは靴よりも通気性が悪くて高温多湿の状態になるので、この雑菌が繁殖しやすくなるんです。またかかとなどの角質化した皮膚がはがれると、雑菌の餌となって菌を繁殖させてしまうことになるのです。

■では足の臭いはどうしたら取れるの?

雑菌の餌になる古い角質を除去しましょう。それには重曹を使うことをおすすめします。重曹は角質を除去するだけでなく、脚の酸性の臭いを中和させて臭わなくさせる効果もあるのです。ではどのようにしたらよいか説明しますね。

まずは足湯の方法です。洗面器に40℃以下のぬるま湯をはって、大さじ1~2杯の重曹を溶かします。そこに素足を10~15分つければOKです。あとは乾いたタオルでよく拭いて乾燥させることも大切です。

次に重曹スプレーを作って靴や足、靴下に直接スプレーする方法です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.