くらし情報『防犯、耐震、固定資産税も安く…“部屋を減らす”リフォームという選択』

2022年1月27日 11:00

防犯、耐震、固定資産税も安く…“部屋を減らす”リフォームという選択

防犯、耐震、固定資産税も安く…“部屋を減らす”リフォームという選択


子も独立し、足腰も弱くなったので、あまり行かなくなった2階。老後のために、いっそ“減築”してみてはいかが?あえて部屋を減らすと、さまざまなメリットがーー。

内閣府『令和3年版高齢社会白書』によると、’19年、65歳以上の人がいる世帯数は、2,558万4,000世帯で、全世帯数(5,178万5,000世帯)の49.4%を占めている。このうち、65歳以上の夫婦のみ世帯と単身世帯が1,563万9,000世帯と、全体の約6割を占めていて、年々増え続けているという。

国土交通省『住生活総合調査』(’18年)のデータによると、今後も現住所に「できれば住み続けたい」と答えた65歳以上の夫婦世帯は75.2%。65歳以上の単身者は69.7%。多くの人が、住み慣れたわが家に住み続けたいと考えているのだ。

そんなニーズから生まれた“減築リフォーム”がいま注目を集めている。

「依頼件数は年々増えております。老後の生活を見据えた方が半数以上を占めていて、年齢層は50〜60代が中心で、とくに60代の方からの相談が多い。築年数は20年以上の家が多いですね」

そう語るのは、リフォーム会社の紹介サイトで、利用者数、見積依頼件数が業界1位の「リショップナビ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.