くらし情報『カギは“言語の壁”を超えた面白さ!『モルカー』『はじめてのおつかい』が海外で大ウケする理由』

カギは“言語の壁”を超えた面白さ!『モルカー』『はじめてのおつかい』が海外で大ウケする理由

『PUI PUIモルカー』公式ホームページより

『PUI PUIモルカー』公式ホームページより



「コンセプトに驚き、子供たちの冒険に釘付けになり、おつかいの成功を一緒に喜ぶのに十分な長さ」

米大手誌ザ・ニューヨーカーが日本の人気バラエティー番組『はじめてのおつかい』についてこのように表現した。同番組は1人で初めておつかいに行く子どもを追ったドキュメンタリー調の番組で、日本では1991年から日本テレビ系列で放送されている。

『はじめてのおつかい』の20エピソードが3月31日からNetflixで配信されると、アメリカのNetflix公式Twitterが取り上げるなど一躍注目の的に。海外ユーザーからの「エピソードを追加してくれ」「はまってしまった」といった熱狂的なコメントが殺到したという。

また、昨年1月から3月に日本で放映された『PUI PUIモルカー』(テレビ東京系)も、台湾では地上波テレビで週32回放送され、フランスのNetflix公式Twitterが『モルカー』のことを取り上げた呟きには、10万を超えた「いいね」がつくなど、こちらも世界的な人気を集めている。

世界でも好意的に受けとめられる日本発のテレビ番組たち。コンテンツビジネスジャーナリストの長谷川朋子氏は、その背景についてもともとの番組のクオリティの高さを挙げつつ、視聴環境が変化したことを指摘する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.