くらし情報『『ふたりの人を愛し…』歌人・永田和宏語る故・河野裕子さんとの青春』

2022年5月22日 06:00

『ふたりの人を愛し…』歌人・永田和宏語る故・河野裕子さんとの青春

歌人同士「競い合うライバル心があった」と永田さんは懐かしむ

歌人同士「競い合うライバル心があった」と永田さんは懐かしむ



「河野(かわの)の日記を、亡くなって10年近くも読めずにいたのは、いくら夫婦とはいえ、他人の心をのぞき見るようなことはできないと思っていたからです。それから率直に言えば、見るのが怖いという思いもありました」

こう話すのは、日本を代表する歌人で細胞生物学研究の第一人者でもある永田和宏さん(75)。「河野」と呼ぶのは10年8月12日に乳がんで亡くなった最愛の妻・河野裕子さん(享年64)のことだ。

裕子さんは20代前半から歌人として頭角を現し、23歳で角川短歌賞を最年少受賞するなど活躍。夫妻は09年に宮中歌会始詠進歌選者をそろって務めて「初の夫婦同時の選者」となるなど上皇陛下、美智子さまをはじめ、皇族方との親交もつづけてきた。

とはいえ夫妻の歌に特筆すべきは高尚で難解な作風でなく、日常のなにげない描写や心情を詠んだ「とっつきやすさ」にこそある。

《このひとはだんだん子供のやうになるパンツ一枚で西瓜食ひゐる》(河野裕子)
《いい夫婦であつたかどうかはわからねどおもろい夫婦ではあつたのだらう》(永田和宏)

そんな「歌壇のおしどり夫婦」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.