くらし情報『宮迫博之「牛宮城」開店3カ月で閉店危機の大誤算…「助けて!」と支援要請も“経営者失格”と厳しい声』

2022年5月27日 06:00

宮迫博之「牛宮城」開店3カ月で閉店危機の大誤算…「助けて!」と支援要請も“経営者失格”と厳しい声

宮迫博之「牛宮城」開店3カ月で閉店危機の大誤算…「助けて!」と支援要請も“経営者失格”と厳しい声


「もちろん全メニューではないんです。色んなもので上げざるを得ないものの値上げの方をさせて頂きたいなと、そういうご報告です」

5月25日に更新したYouTube動画で、こう語ったのは宮迫博之(52)。自身が経営する焼肉店「牛宮城」のメニューについて、一部値上げすることを報告した。

動画では、店舗運営を担当する本田大輝氏も同席。宮迫は名物の「極みタン塩」について、「現状で原価7割を超えている」「7割でも完全な赤字なんですけど、下手をすると9割いくんじゃないか」と言及。その上で、冒頭のように値上げをアナウンスしたのだ。

宮迫によると、1人前2200円の「極みタン塩」は6月1日から2800円に。1人前3500円の「宮迫ハラミ」は、3800円に値上げするという。値上げは、これら以外の商品でも実施される予定だ。

また、これまで2人前からしか注文できなかったという「極みタン塩」は、値上げに伴って1人前から注文が可能に。他にも4人以上しか注文できなかった「牛宮城王道コース」も、2人から注文可能になるとのこと。

一方で「進化する焼肉店」を掲げる宮迫は、これからの展望として「スタッフそれぞれが愛されるような、そんなお店(にしたい)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.