くらし情報『コロナとインフル同時流行の危機!豪州の“ツインデミック”が日本でも』

2022年6月30日 06:00

コロナとインフル同時流行の危機!豪州の“ツインデミック”が日本でも

コロナとインフル同時流行の危機!豪州の“ツインデミック”が日本でも


「通常、インフルエンザは南半球からはやり、豪州では7~8月に急増します。その後、北半球に流行が移り、日本では1月くらいに感染のピークを迎えます。ところが、今年の豪州では5月の段階で急増。州によっては、新型コロナとインフルエンザの同時流行“ツインデミック”が起き、医療体制が逼迫しています。当院のある立川(東京都)の小学生や成人でもインフル感染者がすでに見つかっているので、秋から冬にかけ、日本も豪州と同じ状況にならないかと危惧しています」

こう語るのは「ナビタスクリニック」理事長で内科医の久住英二さんだ。

「南半球のインフルエンザは、A型が多いといわれています。A型には香港型、ソ連型がありますが、流行が香港型となると、通常、60~70%といわれるインフルエンザワクチンの有効率が40%に低下。肺炎になる高齢者、インフルエンザ脳症になる小児が増えることが、心配されます」

■インフル予防接種を忘れると惨事に

そもそも、今年のインフルエンザの流行リスクは、無視できない。

「昨夏、赤ちゃんの肺炎や気管支炎の原因ともなるRSウイルスが大流行したのは、その前年にRSウイルスが流行しなかったため、免疫を獲得できていなかったことが原因だと考えられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.