くらし情報『桜田議員“女性は寛大に”発言を説明「お互いを思いやり、仲良くすべきという趣旨」』

2022年7月7日 16:03

桜田議員“女性は寛大に”発言を説明「お互いを思いやり、仲良くすべきという趣旨」

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)



「国内において、少子化は大変な問題なんです。今、結婚しても、お子さんをつくらない。結婚しない男女が結構多いんですよね」

7月5日、こう語ったのは自民党の桜田義孝議員(72)だ。『朝日新聞DIGITAL』によると桜田議員はJR柏駅前での街頭演説で少子化について問題提起。そして、こう続けたという。

「ちょっと言いづらいことですが、男の人は結婚したがっているんですけど、女の人は、無理して結婚しなくていいという人が、最近増えちゃっているんですよね。嘆かわしいことですけどもね。女性も、もっともっと、男の人に寛大になっていただけたらありがたいなと思っている」

この「女性はもっと男性に寛大に」という発言が報じられると、ネットでは非難が殺到。例えば「なぜ少子化の原因が“女性のせい”であるかのように語るのか」といった声が、こう上がっている。

《何少子化の責任を全部女のせいにしようとしてんのよ》
《なに「女性に寛大さが足りない」とか、他人のせいにしているのか》
《少子化と未婚は、女のせいじゃない》

さらに《少子化がこの国の大きな課題であるならば、経済的な理由で結婚を躊躇うことのない状態をつくりましょうよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.