くらし情報『GACKT 20年前の初自伝『自白』で明かしていた「白血病の彼女との悲恋」』

2023年12月9日 06:00

GACKT 20年前の初自伝『自白』で明かしていた「白血病の彼女との悲恋」

でも、白紙になんて戻るわけがない。

あのとき、僕は、おかしくなった。自分の弱さがあったと思うけれど、笑えるぐらい、おかしくなった。

彼女は白血病だった。付き合い始めてから、それを聞いた。でも、僕たちには関係ないと思った。

彼女が病気だろうと、何だろうと、僕が彼女を好きな気持ちは変わりない。

命にかかわる病気だということもわかっていた。
でも、僕が思っている以上に、彼女はもっともっと深く病気のことを、そして、僕のことを思っていたんだ。

そのことを、僕が理解できなかったということが、いちばん大きな別れの理由だったような気がする。

彼女が僕の目の前で倒れることはしょっちゅうあった。僕には、どうしていいのかわからないこともよくあった。

彼女のほうから、もうこれ以上は一緒にいられないという答えを出してきた。嫌いになったわけじゃない。でも、もうこれ以上は一緒にいられない……と。

別れの言葉は、電話だった。
僕は彼女に会いに行った。どうしても納得できなかったから。嫌いじゃないのに、別れなければいけない?なぜだ?そんな理由があるのか?そんなの全然わからない。

でも、彼女は、もう決めたことだからとしか言わなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.