くらし情報『「無痛おねだり」で生田斗真が大炎上 女性が許せない出産に関する“無神経発言”「病気でもないのに」「そんなに辛いなら堕ろせば」』

「無痛おねだり」で生田斗真が大炎上 女性が許せない出産に関する“無神経発言”「病気でもないのに」「そんなに辛いなら堕ろせば」

多くの女性は一般的な病気よりも慎重に考えています。また、つわりや出産時のつらさには大幅な個人差があるため、他者との比較はご法度です。

こうした女性の中にある当たり前の感覚を理解せず、自分の知識や思い込みを過信して発言すると、先のような無神経発言がポロッと出てしまうようです。

■合理的意見で女性の怒りを買う

「そんなに辛いなら堕ろせば」
「(帝王切開に対し)お腹を切られるだけなら楽」
「経験してないから分からない」

続いての無神経発言は、いわゆる合理的な意見を何も考えず返した結果、相手を傷つけているパターンです。

男性の傾向として、女性が困っていると解決策を示したくなる性質があります。妊娠時の発言の多くは寄り添いや共感を求められているにもかかわらず、面倒くささも相まって、スパッと切れ味バツグンの発言を返し、絶望的に関係が悪化するケースはよくあります。

ちなみに「そんなに辛いなら堕ろせば」と言われたケースは、なんと30年前の発言とか。重要なのは、妊娠出産時の怒りや恨みは30年たっても鮮明であるということです。


■励ましの温度感を間違える

最後のパターンは、相手を思って励まそうとするも、温度感を間違えてしまうケースです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.