くらし情報『警察と一緒にギャラリーに来る客も…タワマン営業が語る“激ヤバ客&迷惑クレーム”【前編】』

警察と一緒にギャラリーに来る客も…タワマン営業が語る“激ヤバ客&迷惑クレーム”【前編】

※写真はイメージです(写真:PIXTA)

※写真はイメージです(写真:PIXTA)



洗練された都会的なイメージから憧れを持つ人も多いタワマン。眺望の良さや、共有施設の充実ぶりから高い人気を誇る。

しかし、そんなタワマンには不動産会社を困らせるほどの“ヤバイ客”や“理不尽クレーム”もつきものだという。

都内の不動産会社に勤める40代のAさんは、不動産会社の営業になって8年目だという。近年タワマンの販売営業に従事しており、タワマンを求める数多の顧客と接してきたが、なかには困った顧客もいると明かす。

「以前ビックリしたのは、息子さんがタワマンを探しているという母親からの電話。息子さんの代わりに親御さんが物件を探すというのは、よくあるケースです。しかし、営業トーク的に何気なく『ありがとうございます』と電話口で微笑んだところ、突然『何がおかしいの?!』といきなり激昂されました。


とりあえず謝罪したのですが、『あなたは私たちに、タワマンなんて買えないと思っているかもしれないけど』とキツい口調で言われたりして、『何も言ってないんだけどな……』とちょっとしんどかったですね」

ギャラリーでもトラブルが多々あるという。予約をせずにやってきて、断ったところ不平を並べる顧客は珍しくない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.