くらし情報『ゲストルームを民泊利用、理不尽クレームも…タワマン営業が語る“激ヤバ住民”【後編】』

ゲストルームを民泊利用、理不尽クレームも…タワマン営業が語る“激ヤバ住民”【後編】

※写真はイメージです(写真:PIXTA)

※写真はイメージです(写真:PIXTA)



洗練された都会的なイメージから憧れを持つ人も多いタワマン。いっぽうファミリー向けに販売された「晴海フラッグ」では、3割以上の部屋で居住実態を確認できないというニュースが報じられたばかり。

タワマンといえば住民同士のトラブルが浮き彫りになることも多々あり、ネガティブな話題にも事欠かない。そんなタワマンには不動産会社を困らせる住民も少なくないという。

都内の不動産会社の営業になって8年目だというAさんは、近年タワマンの販売営業に従事しており、タワマンを求める数多の顧客と接してきた。モデルルームや、購入希望の問い合わせで理不尽なクレームを受けることは珍しくないが、購入後もトラブルは尽きないという。

「最近の悩みの種は、タワマンのゲストルームを民泊として勝手に貸し出しする住民です。ゲストルームは共有部分であるため、それを利用して私的に金銭を得ることは許されていません。


しかし、週末になるとマンションで見たことのない人たちがゾロゾロと現れて、スーツケースをガラガラと引いて、ゲストルームに泊まっていく。その多くはアジア系外国人の方で、どうやらマンションに住んでいるアジア系外国人の方がゲストルームを民泊として貸し出しているんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.