くらし情報『伊藤美誠選手 “鬼母”明かした4歳からの「7時間訓練」』

2017年3月2日 06:00

伊藤美誠選手 “鬼母”明かした4歳からの「7時間訓練」

image


「昨年出版した私の著書『子供が夢を確実に叶える方法〜そのために親がすべき29のこと〜』(スターツ出版)のなかで『失敗することはラッキーであると教える』と記しましたが、物事は考えようで。負け=失敗は、今の自分を分析して、ステップアップするチャンスだと考えれば『失敗』ではなくなるんですね。私も美誠も『負けはラッキー。明るい未来への切符』と考えて、これまでも2人で負けを分析することを楽しんできました(笑)」

そう話すのは、’16年リオ五輪の卓球女子団体戦で銅メダルを獲得した伊藤美誠選手(16)の母・美乃りさん(41)。卓球史上最年少という記録でつかんだ銅メダル。次世代のエースを作り上げたのは、彼女のコーチも務めたシングルマザーの“執念の子育て”だった。美乃りさんが、母娘卓球“スポ根”ストーリーを明かしてくれた。

静岡県磐田市出身の美乃りさんは中学1年から卓球を始め、高校時代はインターハイ(高校総体)、大学時代も全国大会(インカレ)に出場。結婚後はクラブチームで活躍し、’00年10月、長女・美誠を出産した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.