くらし情報『桂歌丸 妻語る復帰への執念「病室でも落語本」と引退宣言否定』

2017年5月16日 00:00

桂歌丸 妻語る復帰への執念「病室でも落語本」と引退宣言否定

image


「お父さんは、天ぷらが好きなんです。アサリの剥き身に長ネギを混ぜたもので、油がはねるから大変ですけど好きなんですよ。退院して元気になったらきっと食べると思うので、つくってあげたいですね」

そう本誌の取材に語っていたのは、桂歌丸師匠(80)の妻・冨士子さん(85)だ。5月15日に発表された歌丸師匠の退院発表。13日に無事退院したといい、当面は自宅療養を続けるという。

だがその直前の8日には「5月公演全て休演」というショッキングなニュースも報じられていた。4月16日に入院した当初は「4月中席は休演。30日前後まで入院」ともいわれていたなかでの“再休演”発表。関係者からも心配の声があがっていた。

実は退院直前、本誌は横浜市にある歌丸師匠の自宅へと向かっていた。そこで冒頭のように、冨士子さんは師匠の様子を語ってくれたのだ。

また昨年5月で『笑点』を卒業した歌丸師匠だが、その後も高座にあがり続けてきた。だが今年1月にも肺炎で入院するなど、体調は万全といえなかった。

そんななか師匠は『週刊ポスト』17年2月24日号で《今回は酸素吸入器をつけて高座に上がりますが、それでも上手く喋れないようなら……引退するしかない、と考えています》と発言。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.