くらし情報『「夢のお告げ」で7億!ドリームジャンボ奇跡の売り場とは?』

2017年7月5日 11:00

「夢のお告げ」で7億!ドリームジャンボ奇跡の売り場とは?

image


「わざわざ私から買いたいと売り場に来るお客さんもたくさんいらして……。7億円が出てホッとしています」

こう話すのは、「蛇の夢を見て宝くじを買ったら大当たり」という体験の持ち主、「大阪駅前第4ビル特設売場」の橋本淑子さん。本誌「ドリームジャンボ夢のお告げ売り場」(5月23日号)で紹介した、“福夢”販売員だ。今年のドリームは1等前後賞合わせて7億円(6月8日抽せん)。今回も本誌オススメ売り場が爆当たり。ドリーム発売直前に紹介した橋本さんの売り場が、見事7億円を射止める結果となった。

全国13の1等前後賞7億円当せん売り場のなかで、唯一の個人商店なのが、愛知県大府市「ふじや酒店」だ。宝くじ販売を始めたのは20年前。大当たりは長いこと出ていなかったが、’14年年末ジャンボで1等前後賞7億円が出た後、今回が2度目。夫婦で店を営む服部啓子さんはこう語る。

「地方の小さな酒店から“億”が2度も出るなんて、本当に奇跡。じつは’14年年末のとき、私も蛇の夢を見たんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.