くらし情報『フジテレビ局内ですっかり逆転したドラマ班と映画班の力関係』

2017年7月9日 19:00

フジテレビ局内ですっかり逆転したドラマ班と映画班の力関係

image


ここ数年、すっかり視聴率が低迷しまったく打開策が見当たらないフジテレビ。かつては金看板だった「月9枠」を始めとした各ドラマも振るわない。

「7月クールの月9は山下智久(32)主演の人気シリーズ『コード・ブルードクターヘリ緊急救命』。以前のシリーズは高視聴率を記録しており、全話平均視聴率13・0%以上は取れるものと見込まれています。ただここ最近の月9は、全話平均2ケタに届かない有様。それだけに、局内でも『なんとか挽回を……』と今作にすがる声が大きいです」(フジテレビ関係者)

ドラマ班が振るわない中、いま、勢いがあるのが同局の映画班だというのだ。

「製作に携わった邦画が、3月の公開作から立て続けにヒットしているんです。3月に人気少女コミックを実写化した『ひるなかの流星』、4月に人気コミックを実写化した『帝一の國』、6月には社会現象にもなったドラマの劇場版『昼顔』を公開。いずれの作品も邦画のヒットの基準となる興行収入10億円を楽々突破しています。『帝一』と『昼顔』は20億に迫る勢い。10月には新垣結衣(29)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.