くらし情報『秋元才加 舞台出演で思い出す「だいこん」と呼ばれた幼少期』

2017年7月31日 06:00

秋元才加 舞台出演で思い出す「だいこん」と呼ばれた幼少期

image


「今回、初めて読んだこの児童小説、それはもう衝撃的でした。大半が周囲から雑用を言いつけられるような幼児虐待やネグレクトのシーンでしょ。思春期に読んだらトラウマになりそう。難しいテーマだからこそ丁寧に作らなきゃ」

そう語るのは、ミュージカル『にんじん』の稽古場で20代最後の誕生日を迎える秋元才加(29)。’13年のAKB48卒業後は数々の舞台で活躍している。『にんじん』は、赤い髪とそばかすのために、家族から「にんじん」というあだ名で呼ばれるフランソワ・ルピック少年の物語。理不尽な怒りを向ける母親、冷淡な父親……家族の様子を冷静に観察しながら少年は成長していく。

’79年、日本でのミュージカル初演のときに主人公「にんじん」を演じたのは22歳だった大竹しのぶ。この夏、なんと38年ぶりの再演に挑む。

「還暦のしのぶさんなのに少年にしか見えないんです。でも、ご本人はふざけて『近くの席じゃ実年齢がわかってしまいそうだから、遠くから見てもらおうかしら』って(笑)。でも少年の心の揺れが伝わってくる。(キムラ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.