くらし情報『森昌子 包丁で応戦!ワンオクTakaに行った“恐怖の鬼母教育”』

2017年8月19日 06:00

森昌子 包丁で応戦!ワンオクTakaに行った“恐怖の鬼母教育”

 

《子育てにはいろいろな考え、やり方があると思いますけど、私は、それくらいの覚悟がないと本当の意味での子育てはできないし、『子を思う親の気持ち』は伝わらないのではないかと思います。息子たちは3人3様の人生を歩んでいて、顔を合わせるのはお正月ぐらい。あとは携帯やメールでの交流ですけれど、いくつになっても私の子どもですから。いまでも息子たちに何か起きた場合は、親である私の責任だと思っていますし、『母親』というのはそれくらい強い覚悟で子どもに接していかないといけないと思うんです》

一見やりすぎではと思われる鬼母教育。しかしその裏には、しっかりと子を想う母の愛情があった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.