くらし情報『つんくを救った愛娘の言葉「パパが歌えないなら私が歌う」』

2017年10月2日 16:00

つんくを救った愛娘の言葉「パパが歌えないなら私が歌う」

image


「声を出せないだけで、それ以外は問題なく元気にやっています。今は生活の拠点にしたハワイと、日本を往復する日々です。それぞれ、半々くらいの割合かな。9歳の双子と、6歳の子どもには、母国語はおざなりにしてほしくはないけど、英語もしっかり学んで欲しい。ボク自身、英語にコンプレックス持っているのは事実なんで」

そう笑みを浮かべるのは、シャ乱Qのメンバーで、総合エンターテインメントプロデューサーのつんく(48)だ。喉頭がんにより声帯を全摘出してから3年。パソコン画面を通しての“筆談”で、近況を教えてくれた。

「先日(9月24日)は、子どもたちがさまざまな職業体験できるキッザニア東京で『つんくプロデュース It’s a Kids Dance World!』を開催しました。元々キッザニアは大好きで、家族を連れて何度も行っているんですよ」

イベントのテーマは、親子で楽しむセレブリティ感満載のダンスパーティ。日本を代表するDJ高木完(55)やMC WISE(38)が音楽を担当し、最新のJ-POPやアニメソングや、有名な洋楽のダンスミュージックなどが流された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.