くらし情報『受取額42%増も…「トンチン年金」で得するための受け取り方』

2017年12月14日 11:00

受取額42%増も…「トンチン年金」で得するための受け取り方

image


100歳以上の長寿者が全国に6万7,000人以上いる日本。平均年齢は男性が80歳、女性に至っては87歳という“超”長生き時代に突入している(厚生労働省「平成27年簡易生命表」)。さらに、平均寿命を超えて長生きすることも珍しくない。女性の死亡数のピークは92歳。約3人に1人が92歳、約5人に1人は95歳まで長生きするというデータもある。

とはいえ、長い老後生活を送るのにお金が心配、という人も多いのでは?

そんななか、長生きすればするほどたくさんのお金を受け取れる新しいタイプの個人年金保険「トンチン年金」が注目を集めている。“トンチン”とは、17世紀にこの保険制度の仕組みを考え出したイタリア人、ロレンツォ・トンティの名前に由来するとか。

日本では、昨年4月に日本生命保険が業界初のトンチン性を高めた年金保険『グランエイジ』を発売。今年に入って第一生命『ながいき物語』、太陽生命『100歳時代年金』、かんぽ生命『長寿のしあわせ』など次々と登場している。

特徴は、加入者が支払った掛け金を年金の原資として、死亡時に遺族への保険金などは支払わずに、その分を生きているほかの加入者の年金原資に回すというもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.