くらし情報『高梨沙羅 祖母語る「美メイクの理由」と「亡き祖父との約束」』

高梨沙羅 祖母語る「美メイクの理由」と「亡き祖父との約束」

2018年2月21日 06:00
 

image


(写真:アフロ)

「“がんばれ”という言葉がかけられないほど、この4年間を悲痛なまでにジャンプに注ぎ込んでいました。そんな張り詰めた生活のなかで、お化粧は唯一の気分転換。10代のころは、化粧が嫌いでしたから……。お化粧で運を引き寄せたのかもしれませんね」

と語るのはジャンプ女子で銅メダルをとった高梨沙羅(21)の祖母で、北海道上川町に住む豊子さん(74)だ。

“天才少女”として挑んだ14年のソチ五輪ではまさかの失速──。あれから4年、高梨は“プレッシャーに弱い”という汚名を返上し、平昌の表彰台で輝く笑顔を見せた。

体ももちろん成長したが、いちばん変わったのは顔に施されたメークの美しさだ。20歳になる少し前から本格的にメークをするようになった高梨。“顔と心はつながっている”をモットーに、「開運メーク」を提唱するメークアップアーティストの大野裕美子さんはこう評する。

「高梨さんは、メークアップで、理想の自分を表現することで、自信と勇気を手に入れ、平常心で競技に打ち込められているようでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.