くらし情報『インスタ映えするグリーンテリーヌ(辻仁成「ムスコ飯」エッセイ)』

インスタ映えするグリーンテリーヌ(辻仁成「ムスコ飯」エッセイ)

2018年3月13日 17:00
 

関連リンク

・KinKi Kids、ファンの呼び名は「マザー」に命名?堂本剛「母性のかたまり」
・森泉、第1子女児出産「これからも明るく楽しく毎日を過ごしたい」
・広瀬すず、20歳の誕生日迎え「思っていたよりやっぱり特別」 母&ファンへ感謝
image


先月出版されたばかりの拙著『立ち直る力』(光文社)が、おかげさまで大増刷されました!この本は、ここ1〜2年で私がつぶやいたツイートの中から編集者さんと一緒にセレクトした“厳選ツイート”集になっております。

ツイッター自体は長年やっていましたが、半年前ほどから急にフォロワーさんが増えました。もともとは5万人くらいだったと記憶していますが、「息子よ」という書き出しでシングルファザーの気持ちを綴りはじめたところ、この半年ほどでフォロワーさんが3倍に跳ね上がったのです。きっかけは昨年9月のツイート。6万5千の「いいね」を頂きました。その後も4千、5千を超える「いいね」が続いています。確認したら、今朝打ったツイートは1万超えでした。家事で忙しいこともあり、ツイートを書くのは1日に1本か2本が限界ですが、なるべく時間を見つけて毎日書くようにしています。

実は、このツイート、私が日々息子に向けて言っていることをそのまま140字にしているだけ。これを書いている時は、大体、家事にくたくたになっている、自分を発奮させたい時なんですね。息子が寝た後、「いいね」がじわじわ増えていくのを眺めながら、じ〜んとしています(笑)。この「いいね」はみなさんからのエール。たくさんの「いいね」を見て、キッチンの片隅でウルッとすることもしばしば。そして、ある日、気が付きました。この「いいね」は同じように頑張っている人たちの声そのものなんだなって。そう思うと、1日が充実します。コメントを読んで、さらに頑張ろうとやる気になります。私にとって、SNSがもうひとつの居場所。真夜中のキッチンみたいに落ち着ける場所なんです。

この本はツイートと一緒で、頭から読む必要はありません。どこからでも、好きなページを適当にめくって読んでみてください。そのために、ページ番号は書いていません。携帯しやすい新書サイズですので、バッグに忍ばせて、人生に疲れた時なんかに、こっそり取り出し開いてみてください。そこに私と息子がいます。

さて、今日は緑色の野菜で作る、見た目にたいへん美しいテリーヌ、私は「グリーンテリーヌ」と呼んでいる、豪華な一品をご紹介します。インスタ映え間違いなしですぞ!

長方形のパウンドケーキ型(26cm×10cm)1本分の材料:ブロッコリー1個、オクラ12本、アスパラ300g、水600ml、ベーコン50g、コンソメキューブ1個、タバスコ数滴、一味小さじ2分の1、醤油小さじ1、塩・こしょう適量、板ゼラチン17g。

まず、野菜をゆでましょう。ブロッコリーは約2分、オクラは約1分半、アスパラは太さに合わせて2〜3分を目安に。ゆで上がった野菜は冷水で冷やし、キッチンペーパーなどでよく水気を切っておいてください。

下準備ができたら、鍋で湯を沸かしベーコンとコンソメをくわえて煮込みます。10分たったらタバスコ、一味、醤油、塩・こしょうで味を調え、茶漉しなどでベーコンの肉片を除去するために一度漉します。漉したスープを鍋に戻し、弱火で火を入れながら板ゼラチンを1枚ずつくわえて、箸で全体を混ぜながら溶かしていきます。板ゼラチンがすべて溶けたら、ゼラチンスープの完成。

最後に、作った具材をパウンドケーキ型に入れていきます。底にラップを敷き詰め、ブロッコリー、オクラの順に並べていきます。その上に半量のゼラチンスープを流し込み、アスパラを敷き詰めたら残りのスープを入れます。ラップで包み、冷蔵庫で冷やし固めます。ゼラチンが固まったら型から取り出し、切り分けて頂いてください。お皿に盛って、アイオリソースなどお好みのソースを添えて召し上がれ。

ボナペティ!

本誌連載の料理をえりすぐったレシピ本『パリのムスコめし世界一小さな家族のための』も絶賛発売中です!

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.