くらし情報『トレエン斉藤がバズり重視を危惧「SNS信用しちゃいけない」』

トレエン斉藤がバズり重視を危惧「SNS信用しちゃいけない」

2018年3月14日 19:00
 

image


“バズり重視”に警鐘「信用しちゃならない」

大手IT企業での勤務経験を持つトレンディエンジェル斎藤司(39)。3月14日にネットで公開された対談で“バズること”の意味を問いかけた。

対談相手はネット広告会社の人間模様を描いた漫画「バズマン」の作者である「かっぴー」。かっぴーは、「バズってもそれほど意味ないし、お金には繋がりにくいんですよ」と発言。すると斉藤は、自身の経験を語った。

「芸人がSNSで話題になり、『いいね!』や『RT』でバズっても、単独ライブのチケットが全然売れてないことは多々あります。あんまりSNSを信用しちゃいけない」

2人は「『ネットで話題!』は世間の話題ではない」と主張。さらに斉藤は“炎上”も同様だという。以前、報道番組での発言が“意図しないかたち”で伝わってしまい自身のInstagramが“炎上”。しかし――。

「翌日、5,000人のお客さんが集まる営業も怖くて、怖くて……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.