くらし情報『こんなものも補償される時代に!意外と知らないユニーク保険』

こんなものも補償される時代に!意外と知らないユニーク保険

2018年4月4日 11:00
 

関連リンク

・放っておいても貯まる!?「おつり貯金」アプリに注目集まる
・子連れで「星野リゾート 界 出雲」島根旅行レポート【前編】
・加藤綾子が明石家さんまのアプローチを断る
image


 

登山や旅行に出かけるとき“もしも”のケガには備えたい。でも、毎年の保険料は抑えたいから、年間契約の保険には入りたくない……。

 

最近、このようなニーズに応え、1日単位で加入できる「オンデマンド(需要に応じた)保険」が相次いで発売されている。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんはこう説明する。

 

「一般的な損害保険は1年間に4,000〜5,000円の保険料がかかりますが、オンデマンド保険は、1日300〜500円程度ですむので、場合によってはかなりおトク。種類も豊富で、スポーツや日帰り旅行に対する備えだけでなく、コンサートのチケット代を補償してくれる保険まで登場しました」

 

電話やインターネット経由で契約できるなど、手続きもかんたん。ただ、おトクに使いたいなら注意も必要だ。

 

「すでに加入している医療保険やクレジットカードの付帯保険のサービスと、補償の内容がかぶる場合もあります。すでに入っている保険でカバーされない分を、オンデマンド保険で補うのが賢い使い方です」(風呂内さん)

 

では、オンデマンド保険をおトクに使えるのはどんなシーンなのか、風呂内さんに解説してもらった。

 

【病気の母をコンサートに連れていくとき】

 

「要介護で落ち込みがちな母を元気づけるため、母の大好きな歌手のコンサートのチケットを取りました。日付は半年先。でも、1週間前に母が体調を崩して入院し、チケットも無駄になりました」

 

そう残念がるのは、母親を介護中のB子さん。急だったために母のチケットは売ることもできず、B子さんは1人でコンサートに参加した。

 

「先々の予定を立てづらい介護中や療養中、出張が多い人などは、『キャンセル保険』が付いたチケットを購入していれば、行かれなくてもチケット代が戻ってきます」(風呂内さん・以下同)

 

「チケットぴあ」のホームページで購入し、購入完了画面からキャンセル保険に加入できる。ただし、対象外の公演もあるので事前に確認を。 

【ぬれる場所や高いところにデジカメを持っていくとき】

 

買ったばかりのデジタルカメラが壊れても「メーカーの1年保証があるから大丈夫」と安心している人も多いだろう。ところが、水ぬれや砂かぶり、破損などの故障は対象外というケースがほとんどなのだ。昨年11月にサービスを開始した「ワランディ・ナウ」は、発売から3年以内のデジタルカメラが壊れたときに、購入価格上限に修理費を補償してくれる。

 

「専用のアプリをスマホにダウンロードし、保険をかけたいカメラを登録するだけ。保険料は1日39円からで、修理してくれます」

 

ただし、ほかの保険に入っている場合は「携行品補償」とかぶることも。必ず事前にチェックしよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.