くらし情報『有村架純が開いた豪華すぎる女子会 駆けつけたメンバーとは』

有村架純が開いた豪華すぎる女子会 駆けつけたメンバーとは

2018年4月4日 16:00
 

image


3月27日、関東の大学キャンパスに有村架純(26)の姿があった。周囲には200人超のエキストラが。9月公開の映画『コーヒーが冷めないうちに』の撮影が行われていたのだ。

「有村さん主演もさることながら、石田ゆり子さん(48)や吉田羊さん、薬師丸ひろ子さん(53)や波瑠さん(26)など共演陣も超豪華。錚々たる面子が脇を固めるとあって、早くも話題を呼んでいます」(芸能関係者)

午後には20度を超える陽気となったこの日、スタッフは日傘を差して有村のそばに立っていた。すると有村が「大丈夫です!自分で持ちます」と気遣う一幕も。さらに撮影が長引いたためスタッフから椅子を差し出されても、「平気です、立って待てます」と笑顔で対応。暑い中でも、主演として現場を盛り立てていた。

「有村さんが演じる喫茶店店員と、店に集まる様々な客という設定で物語が進行していきます。そのため豪華共演者が全員そろって芝居するシーンはなく、現場のチームワークは有村さんにかかってきます。だから彼女は率先してコミュニケーションをとっていて、特に親交がある波瑠さんとは『みんなで食事に!』と盛り上がっていました」(映画関係者)

実際、有村は撮影現場の外でも共演者たちと交流を図っていたのだ。

「有村さんは最近、共演者と女子会を開いているそうです。今作監督を務める塚原あゆ子さんのため、彼女を囲む会が開かれたんです。その際、有村さんは吉田さんと石田さんの2人を頼ったといいます。有村さんは過去に2人と共演経験があり、本当の母のように慕っています。今回も2人が協力して、会を盛り上げてくれたそうです」(前出・芸能関係者)

そして頼れる“2人の母”に、有村は“ある約束”をしたという。

「有村さんは『次はうちの母の店で女子会を!』と持ち掛けたそうです。というのも彼女の実母は、兵庫県で日本酒バルを営んでいます。いつもサポートしてくれる2人に、今度は彼女がおもてなしをしたいのでしょうね」(前出・芸能関係者)

豪華女子会での絆が、現場を支えているようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.