くらし情報『百恵さんが人知れず続けていた「義父母への献身介護」12年間』

2018年4月5日 06:00

百恵さんが人知れず続けていた「義父母への献身介護」12年間

image


「百恵の長男の祐太朗(33)と次男の貴大(32)は『もう寝なさい』って言われると、ちゃんと言うことを聞くんです。ところがうちの建太(30)だけは『イヤだもん、僕』って(苦笑)。しょっちゅう弟から『わがまま言わずに食べろ』って、怒られていましたね」

そう語るのは三浦友和(66)の実姉・篠塚ひろ子さん(67)。三浦百恵さん(59)の義姉だ。夫の篠塚健次郎さん(69)は97年のパリ・ダカール・ラリーで日本人初の総合優勝を果たした、日本屈指のラリードライバー。長男の建太さんは現在、絲木建汰の芸名で舞台中心の役者をしている。

今回夫妻同席のもと、経営する山梨県・清里のペンション『La VERDULA』について夫婦でインタビューに答えてくれた。

このペンションは友和にとっては思い入れも深く、両親がいる実家のような場所。86年のオープン以来、三浦家は家族そろって頻繁に清里を訪ねていた。だが最近では、篠塚夫妻が国立の三浦家を訪ねる機会が多くなっているという――。

「両親は弟夫婦と二世帯で住んでいますからね。 両親がもっと元気で動けていたときは清里まで連れて来たりしたんですが、もう父も90歳、母は91歳になりましたから……」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.